物流担当者にとって、物流コストの削減は大きな課題です。
物流会社は当然ながら、EC事業者も店舗を持たない一方で全国への配送が不可欠となるので、物流コストの把握は重要な問題です。
商品コストを調べる際、材料費や製造費などに目が行きがちですが、そこには運搬費や梱包費なども入っています。つまり物流コストは軽視されがちですが極めて重要なのです。
それでは1配送あたりの物流コストを抑えるためにはどうすればいいのか、そのコツを見ていきましょう。

物流KPIを管理する

物流コストを削減するためには、物流KPIの管理が重要になってきます。
しかし、多くの会社では物流KPIの管理を行っていないのではないでしょうか。

KPIとは?

KPIというのはKey Performance Indicator、即ち主要業績評価指標という意味で、物流のみに使われる言葉ではありません。
わかりやすく言えば、企業が各部門や個人などの業績および目標達成度を評価するための指標です。
生産コストや売上高についてはKPIを活用するのに、物流に関してはKPIが軽視されているのが現状と言えるでしょう。しかし物流も生産コストや売り上げに大きく関わっています。つまり物流コストを削減するためにはKPIの管理が不可欠なのです。

物流KPIを細分化する

物流コストの指標を明確にするためには、できるだけKPIを細分化しなければなりません。コストを送料のみで見てしまうと、正しい指標はわからないからです。

物流コストの種類について

物流コストは、なにも送料だけではありません。
物流に掛かる費用には、以下のようなものが考えられます。

★配送費用
★保管費用
★梱包費用
★ピッキング費用

配送費用にはもちろん送料などの経費が発生します。
保管費用には保管場所の確保も関わってくるのは言うまでもありません。
梱包費用には梱包作業の他に、梱包する材料費も含まれます。
ピッキングをしなければ在庫品を管理できず、作業が煩雑になってしまいます。
もちろん、これらに掛かる人件費も無視できません。

配送費用を抑えるためには?

物流コストの削減を考える際に、まず目に行くのは配送費用でしょう。
そのため、できるだけ送料の安い運送会社を探したりしますが、配送費用を抑えるコツはそれだけではありません。
たとえば、物流拠点をメインとなる配送地域に置くことで、コスト削減も期待できるでしょう。
また荷物を積んでいない運送トラックをなくす工夫も必要です。
往路で商品を運んだあと、復路でトラックを空っぽにしたまま帰って来るのではなく、別の商品をトラックに積んで来るわけです。こうすることで、トラックの活用率は約2倍になるため、結果的に配送費用を下げることができます。
また配送拠点を2つにすると、配送費用の削減も可能となります。
しかも拠点が2つならば、早く商品を届けることができるので、無駄を省くだけではなくサービス向上にも繋がります。

保管費用を抑えるためには?

保管費用には、保管場所が重要になります。
この際、保管場所は複数にする方が保管費用を抑えることができるのです。
保管場所を1ヵ所にしておいた方が費用は掛からないと思う人も多いでしょうが、全国に配送する会社なら保管場所は複数の方が輸送コスト自体は下がるので、メリットは多いでしょう。
また保管費用には在庫数も関わってきますから、出荷高に対する適正な生産量の管理も必要です。
もちろん、在庫を減らすあまり、在庫切れになってしまっては意味がありません。
そのためにも、KPIが重要なのです。

梱包費用を抑えるためには?

梱包費用を抑えるために、段ボールなどの梱包材料費を抑えるのが最も近道です。
そのため安い業者を選ぶのはもちろんですが、会社から近い業者に依頼すると運送費が抑えられるので、結果的に梱包材料費を削減することが可能となります。
また、ワンタッチ式段ボールの使用や梱包材の軽量化は作業時間の短縮につながり、人件費を抑えることができます。もちろん、商品に対する適正なサイズの梱包材を使用すると、無駄を省くことも可能です。

ピッキング費用を抑えるためには?

ピッキング費用を抑えるために最も効果的なのは、作業の効率化です。
常にピッキングできる状態を保ち、またピッキングが容易な環境を整えなければなりません。そのためにも、外部業者に委託するのではなく、ある程度は自社で行うことも必要です。昨今ではピッキング作業以外の単純作業をある程度自動化し、ピッキングの効率化にリソースを割いている企業も多く見受けられます。

物流コスト削減への第一歩として

配送コストの削減には、物流KPIの管理が重要になります。
物流KPIには既にある程度のパターンと計算方法が決まっていますが、まずは作業の一覧を書き出して、そこに対して掛かっている時間を記録し、次に時給を割った金額を書いてみてください。それがその作業の単価になります。

その上で、コストがどの程度かを確認し、業務についてもう一度見直し見直してみてください。

弊社では、物流KPIの詳細や計算方法、他社ベンチマークなどから御社のあるべきコストを算出して管理の細分化と物流コストの削減をお手伝いさせて頂く事も可能です。ご興味あればお問い合わせください。