物流倉庫の種類

「倉庫」という言葉は時代の変化とともに少し意味合いが変わってきています。
特にネット通販の急拡大により、重要視する機能も変化しました。

その他物流センター
下記のように機能に特化させたセンターも数多く存在します。
・流通加工や値付けを主業務としたPC(プロセスセンター)
・リードタイムを縮める為の小口出荷メインの物流拠点であるSP(ストックポイント)
・営業部門が得意先の引き取り用在庫保管に使用するDepot(デポ)
・etc・・

物流倉庫の機能とは 

一般的な物流センターで行う5大機能として、「輸送」「荷役」「保管」「流通加工」「包装」があります。
最近ではこれに「情報」が加わり、6大機能と表現されることも増えています。

輸送 ・・・工場から物流拠点間、または物流拠点間相互の貨物の運送の事。

荷役 ・・・物品輸送の積み込みや積み下ろし、入出庫や仕分け作業の事。

保管 ・・・倉庫内等で物品を管理する事。

流通加工 ・・・流通加工とは、商品に付加価値を付ける作業の事

包装 ・・・商品価値を向上させたり、状態を損なわないようにするために適切な資材や容器で包む事。

情報 ・・・情報システムを用いて、物流をサポートすることをさします。

通販物流に必要な業務

一般的なEC倉庫業務を、上記の物流センター6大機能に照らし合わせながら分解するとEC倉庫として必要な機能がわかります。

1.輸送(入荷)

仕入れ先から商品が入荷される際、国内で生産している部品や雑貨などは宅配便で届く事もありますが、基本的にはロットの大きさからダンボールがパレットに乗った状態で着荷します。その際のトラックバースの管理や着荷時の荷受けまでを指します。

2.荷役(入荷)

積み下ろし後の商品に対して、入荷予定情報と正しいか伝票単位で確認します。一般的に通販倉庫では、実商品数の件数や不良品確認の検品を行ってから、システムで入荷確定をします。

3.荷役(仕分)

販売チャネルによって、保管せずに一時的な通過拠点として出荷する商品などを仕分けます。

4.保管

BtoB倉庫では一つの商品が段ボール等にまとまり、パレットに乗った状態で保管されますが、通販倉庫ではより細かく、商品単位でロケーションに保管されます。このロケーションが細かいほど、出荷ピッキングの際に特定化しやすい状態になります。また、棚卸の際もこのロケーション単位で在庫を確認する形が主流です。

5.荷役(ピッキング)

サイトから受注が入ると、出荷商品と配送先の情報を受信します。商品が保管されているロケーションから商品を取り出す行為をピッキングといいます。

6.流通加工

通販倉庫の流通加工としては、エンドユーザーに対しての付帯作業があります。アパレル商品のサイズ直しや、化粧品サンプルキットの作成などが例に挙げられます。

7.荷役(梱包)

包装と同義ですが、ピッキングされてきた商品を作業場において梱包します。この時に、ピッキングされてきた商品があっているか、商品に不良が無いかの検品があり、納品書の同梱や緩衝材による包装という作業になります。

8.輸送(出荷)

通販の場合、基本的には全国に配送可能な宅配会社へ契約しており、センターとしては配送先や商品大小などある程度仕分した上で引き渡すまでが業務です。

9.情報

多くの場合、倉庫ではWMS(Warehouse Management System = 倉庫監視システム)を使用しています。主な機能としては下記があります。
入荷 仕入先からの予定情報と確定情報、顧客からの返品情報の管理。
保管 ロケーション単位での在庫情報管理、
出荷 受注に対しての在庫引当、ピッキングリスト、納品書発行、配送伝票発行、確定情報の管理。

まとめ

通販業務を行うDCでは、正確に早く出荷するかが重要視されます。その為には、入荷、保管などの運用方法をトータルで管理できる状態が結果的に出荷の精度を上げる事になります。
WMSの活用や商品に準じた庫内レイアウトなど常に改善を心掛ける必要があります。