昨今、物流業界ではWMSの重要性が再認識されています。
ネット通販の普及により、在庫管理や入出荷が複雑化したからという理由もその一つです。
WMSの導入により、在庫管理がスムーズに行われるようになる事は大きなメリットです。
しかしその反面、WMSを導入しても無駄な費用が掛かるだけで、却って在庫管理が煩雑になるのではないかという意見もあります。
それでは、WMSは本当に必要なのでしょうか。
WMSとは何なのかを検証していきましょう。

WMSとは

まずはWMSについて基礎知識を知っておきましょう。
WMSはWarehouse Management Systemの略で、倉庫管理システムという意味になります。
イメージとしては、商品を倉庫に入荷して在庫とし、注文があれば出荷してその分は在庫が減ります。
その際、どれだけ入荷して在庫が貯まり、どれだけ出荷して現在の在庫数はどうなっているのかを管理するのがWMSです。

WMSのメリット

WMSのメリットとしては、ヒューマンエラーを防ぐことができる点があります。
人間によるチェックだけでは、ミスは防げません。
特に複雑な商品の在庫管理になれば、間違いは必ず起きると考えるべきでしょう。
人間のみの管理に頼っていると、誤った商品を出荷してしまったり、在庫切れになっているのに新しい商品を入荷していないということも起こり得ます。
しかし、WMSの導入によってマニュアル化すると、ベテランに頼ることなく誰でも倉庫管理が容易になります。
そうすれば倉庫管理の人員を減らすことができ、作業時間も大幅な短縮が期待できるので、人件費削減にも貢献します。
また、バーコードを使用したデジタルチェック誤出荷を防ぐ事になり、サービス品質を向上させます。
もちろん、WMSを導入したからと言って間違いが必ずゼロになるわけではありませんが、ヒューマンエラーは激減します。

WMSのデメリット

いくらWMSを導入しても、倉庫に入荷したり商品を出荷したりするのは、結局は人間です。
つまり倉庫が整理されていなければ、WMSも宝の持ち腐れとなります。
またその会社に合わないWMSなら、導入しても意味が無く、導入によって、それを使いこなすための教育や指導も必要となります。
WMS導入のコストも相まって、それらの労力や時間が無駄と考える経営者もいるでしょう。
特に、昔から一貫した倉庫管理を行っている会社では、WMSの導入に懐疑的な場合が多いようです。

前項ではWMSのメリットとデメリットを挙げましたが、会社組織ともなればWMSの導入は検討した方がいいでしょう。
しかし、WMSを導入する際には、その会社に合ったWMSを選ばなければなりません。

WMSパッケージの種類

WMSには大きく分けて2種類あります。
オンプレミス型WMSとクラウド型WMSです。
それぞれに特徴があり、会社に合ったWMSを選ぶ必要があります。
自社に合わないWMSを導入すると、費用が無駄になるので気を付けてください。

社内完結に向いているオンプレミス型WMS

オンプレミス型の特徴としては、オーダーメイドのようなWMSだと言えます。
倉庫数が少なく、倉庫管理が自社内で完結している場合や、商品を直接顧客に送らない会社ならオンプレミス型を選ぶべきでしょう。
自社の在庫管理方法に合わせてシステムを構築できるので、管理運営もスムーズになります。
オンプレミス型のデメリットとしては、初期費用が高額になることです。したがって、オンプレミス型に向いていない企業が導入してしまうと、コストが無駄になってしまいます。
また、社内で運営管理者を用意しなければなりません。
さらに一元管理するため、災害が起きたときにデータが失われる可能性もあります。
とはいえ、データを他社に保存したくない会社では、オンプレミス型が向いていると言えるでしょう。

倉庫が各地に点在している場合はクラウド型WMS

クラウド型WMSでは、オンラインで倉庫管理を行います。
倉庫のある事業所が各地に点在している場合や、商品数はもちろん入荷先および出荷先が多い企業はクラウド型が向いています。
また、顧客に商品を直接送る会社でも、クラウド型を選んだ方がいいでしょう。
さらに、クラウド型では初期費用があまり掛からず、運営管理者を社内で用意する必要はありません。
ミスが発生した場合でも、クラウド型ではスムーズに対処できます。
クラウド型のデメリットは、継続的な費用が掛かってしまうことです。
また、ある程度のカスタマイズは可能ですが、オンプレミス型と違い自社に合わせて自由にシステムを構築できるわけではありません。

WMS導入に向けて

WMSが必要か否かと言えば、現在の物流では不可欠と言えるでしょう。ただしWMSを導入する際でも、自社に合ったシステムを選ぶことが大切です。

特に、基幹システムとのデータ連携、現場での柔軟性、ハードウェアも含めたコスト試算、自社業務とのマッチングなど確認項目は多岐に渡ります。

弊社ではWMS導入に向けての業務分析やご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。