商品マスタとは

商品マスタとはECで販売する際にシステムに登録する商品情報です。
基本となる「商品コード」「商品名」「価格」だけの場合もあれば、販売に必要な画像や採寸情報なども含んだ場合もあります。またロジスティクスに必要な荷姿や重量を含む場合もあります。

初期設定の重要性

EC事業をスタートするときに「商品マスタ」についてキチンと考えていますか?
特にアパレルではSKUの設計はその後の事業を大きく左右します。

最初は取扱点数が少ないから、使用しているパッケージやモールサイトのツールにあわせて適当に始めて後々整備するというのも一つの答えですが、多くの場合、その後の整備はされないパターンが見受けられます。

それは運用に支障をきたしつつも、財務上の数字にはそれほどインパクトが無いため、そのまま商品だけが増えていきます。

この後の最悪のパターンとしては、販売チャネルやマーケティングの目線だけで、同じ商品に異なる品番がいくつも採番されていき、いざシステムの刷新をする時に、商品マスタの整備が出来ていない為にプロジェクトが停滞する。あるいは一部の商品は会計管理外とする。といった弊害です。

この時の改修コストは数百~数千万になる場合があります。

商品マスタの整備について

競合の商品管理方法を参考にしたり今後の事業展開に合わせて常に管理できる体制が必要です。もし、ECの商品管理について疑問があれば放置せずに、可能な限り早い段階でメンテナンスが出来る体制を構築するのをお薦めします。