地域による特異性もあると思うし、約款の改正と自社の事情がどう紐づくか議論を第三者機関がもっとやるべきな気がする。

 『北海道を支える物流』を元気にする会(代表=相浦宣徳北海商科大学教授)が昨年11月中旬から12月中旬に道内の約1150のトラック運送事業所を対象に行った「物流実態把握調査」の結果が判明した。

情報源: 物流実態把握調査 「運賃・料金区分の実施」は17%|物流ニュース|物流ウィークリー